santacruz_logo_600

SANTA CRUZ BICYCLES サンタクルズ バイシクルズ

サンタクルズ の町はサーフィンタウンとして有名です。SantaCruzといえば、スケートボードやサーフィン。確かに町の中ではサーファーやスケーターを良く見かけますが、それと同じくらい、 サンタクルズ バイシクルズ に乗っている人も多いのです。
そんな遊びに関してはかなりシビアな町から生まれた サンタクルズ バイシクルズ は現在世界中から注目される自転車を次々に作り上げています。 サンタクルズ バイシクルズ は、マイク・マーキーズとリッチ・ノヴァック、ロブ・ロスコップの3人が設立した自転車メーカーですが、現在の社長であるロブは70年代を代表するプロスケーターでもあり、そんな3人が自転車に夢中になり、89年頃には3人ともレースにのめり込みました。その頃、生涯にわたって打ち込める仕事を探していたロブが、自転車メーカーを設立アイデアに夢中になったのは言うまでもなく、さっそくリサーチに乗り出し、もうすぐフルサスペンションの時代がやってくることを確信し、1993年、彼らは サンタクルズ バイシクルズ を設立し地元のバイクデザイナー、トム・モリスに出会い、彼のデザインをもとに作られたのが、後にTazmonと名付けられたバイクでした。

そして現在は特許のVPPシステムを採用した初代BLURを皮切りに、不動の人気を誇るメーカーへと成長し、スティーブピート、グレッグミナーを率いる超強豪レーシングチームも運営、レースシーンからマウンテンバイク全体の流行をひっぱっていくメーカーとして飛躍し続けています。

サンタクルズ バイシクルズ で働くスタッフは、サーファー、スケーター、ミュージシャン、MXレーサー、DJ、ゴルファー、クライマーと一見おかしな集団にも思われがちですが、みんな自転車が大好きという共通点で結ばれています。そんな集団が作り上げるサンタクルズ バイシクルズ は他社とは圧倒的に何かが違います。
もちろんレースでのフィードバックも取り入れて、性能も十分に実証されていますが・・・デザイン、性能のバランスが取れた製品だと言うことは乗っていただければわかっていただけると思います。