side-area-logo

A&F Super Bicycle Facebook

A&F BICYCLE BLOG

NZマウンテンバイクトリップのススメ。No.1

12
4月, 2017

4ヶ月に渡って特派員が感じたニュージーランドのMTBシーン、何回かに分けてまとめてみたいと思います!

まだまだ全てのフィールドを体験したわけではありませんが、今回特派員が訪れた場所を中心に御紹介。

出発から帰国まで、不定期でありますがよろしくどうぞ!

今回最初に訪れたのはクイーンズタウン、いわずと知れたMTBを始めとしたアウトドアスポーツの聖地でありますね。

日本からの直行便は運航されていないので、必ずどこかを経由しなくてはいけないのですが、

特派員はJet Star航空を使ってオーストラリアはメルボルン経由でやってまいりました。

成田出発から所要時間は乗り継ぎ含めて15時間程で、あまり過酷過ぎるフライトではないのでご安心。

ちなみにJet Starは事前に預け荷物の量を申請すると、6000円程で40キロまで追加できるので

私はこの中にバイクと預け荷物をおさめて搭乗、かなりリーズナブルに自転車運べますね~。

唯一の難点は、乗り口のターミナルが成田の中でも端にあること・・・自転車あると少し面倒くさいです。

こんな感じで今回の荷物はパッキングいたしました。合計40キロ以下におさめればオッケーです!

そして無事にクイーンズタウン空港に到着、ここはリマーカブル山脈に囲まれた山の中のかなりキレイな空港で、降りた瞬間に自然を感じることができます。

空港からタウン中心部は10キロ弱と遠くないので、公共の交通機関(バス)なども定期運行されておりますが、

チャーターのタクシーが自転車を持ってきたら調子良いかもしれません。予約なしで乗れて、タウンまで自転車こみで25NZDとそこまで高くは無いですよ!

ちなみにレンタカーはリゾート地なのか、そこそこの値段がしてしまいます。

タウンは小さくまとまって、ワカティプ湖畔のビーチもあり良い感じ。

観光客が非常に多いので、楽しむ設備やレストランは非常に充実しております。

バイクショップも街中に数店舗あって、トラブルがあっても安心!各店舗によって取扱ブランドが異なるので、

自分の乗っているバイクに強いショップを探してみてはいかがでしょう?ちなみにサンタクルズは中心部にあるTorpedo7というショップで取り扱っておりました。

そしてここがあのスカイラインゴンドラ!ここからゴンドラに自転車を載せていざDHコースへ、ということになりますね。

タウン中心部から徒歩圏内なので、宿から自転車でそのまま!というスタイルでも全然大丈夫です。

ちなみに山頂にレストランやリュージュもあるので観光客も非常に多いですよ。

今回は出発~到着編でありました。次回はフィールドについてご紹介したいと思います!