side-area-logo

A&F Super Bicycle Facebook

A&F BICYCLE BLOG

27.5プラスサイズの走破性

28
9月, 2018

ROCKY MOUNTAIN BICYCLESはかなり早い段階で27.5プラスサイズの企画を取り入れておりました。

最初は「シェルパ」というモデルに始まり、次に初代「パイプライン」、そして2018シーズンにフレームを一新し、
新型「パイプライン」となりました。

フレームデザインを一新し、よりシンプルにメンテナンス性に優れ、剛性を上げアグレッシブなトレールにも対応するようになりました。
前後140mmのストロークを持つフレームは、下りはもちろん登りでも最高のペダリング効率を誇ります。

プラスサイズによって生み出されるトラクション性能の高さは抜群であります!

その走破性はまさにモンスタートラック、ロックセクションからツルツルの根っこセクション、砂浜のようなルーズ路面まで、
走りに自信を与えてくれること間違いなし!フレームは同社「インスティンクト」と共通になっておりますので、
コースや気分によって29インチホイールを装着することも可能です。

RMB自慢のライド9システムも搭載しているので適切なジオメトリーに設定することも簡単です!

フレームオプションもカーボン、アルミと2種類用意しておりますので、ライダーの好みやご予算に合わせて自分に最適な一台を
チョイスできますよ。

実際に私もダウンヒルコースで試してみましたが、その走破性、そして速さに対する快適性は抜群で27.5プラスサイズのメリットを最大限に
活かしているバイクだと実感できました!

エイアンドエフもアルミ30のMサイズを試乗車としてご用意しております。是非そのグリップ感、走破性、安定感を感じてみてくださいね!

エイアンドエフ製品ページでも詳細スペックがチェックできます。あなたはどのパイプラインを選びますか?!