月別: 2015年2月
172月

 

Production Privee 社長 Davidより連絡がり、フランスのMTB MAGAZINE で BEST EURO HARDTAIL アワードを SHAN 27.5″ がとりました!との報告がありました!!ヨーロッパではハードテイルでも27.5”の波は半端無いとの事。この波は日本にもすぐに到達しますね~

SHANの次回入荷は4月~5月頃の予定です。

unnamed (1) unnamed unnamed (2)

32月

2月3日 は節分。子どもの頃は年の数だけ食べる豆が好きだったのですが、気がつけば40個以上も食べるマメはもうたくさんと感じつつも、自分の健康・家族の幸せを願い、今夜も鬼になってから頬張ろうと思います。

さて、タイトルのネタです。

アメリカ マサチューセッツ州 でハンドビルドされる チタンフレーム と言ったら誰もが想像する SEVEN CYCLES 。 セブン では1本1本すべてお客様に合わせて パイプ の太さ、 バテット の距離の設定はもちろん フレームサイズ を製作します。 創設者の ロブ・バンダーマーク は オーダー 頂いたお客様の10年後を見据えたフレームを製作しています。その為に、お客様の身体の採寸をはじめ、身体の状況、ライディングスタイル・今乗っている自転車のサイズ・特性など様々な アンケート に答えて頂くと、お客様の為だけの一台が仕上がってきます。( 日本語オーダーシート の用意がありますので、 ディーラー さんと簡単に答えていただけます。)

今回入荷した2本のフレームは SEVEN を代表する ロードモデル  AXIOM SL と マウンテンフレーム  SOLA SLX それぞれ Ti フレーム です。どちらの2本も新しく追加になった Blast Decal (※オプション) で仕上がってきています。( SLX = Cirrus Ultla Butted チューブ( SEVEN 最軽量パイプ)  SL = Argent  Doble Buttetd チューブ S= Straight チューブ) )

オーナーさんの体格の違いはありますが、基本MTBのフレームの方が重量は重たくなるのですが、今回は SOLA SLX の方が軽かったという事は、やはりそれだけパイプの違いが大きいと実感しました。

すべてのモデルに共通する Ti ヘッドバッヂ

image(7)

手前が SOLA SLX  奥がロードモデル SXIOM SLX

image(4)

新たに追加になった BLAST DECAL 処理された SOLA SLX とそのパイプを記す Decal

image(3)

image(6)

同じく BLAST Decale 処理された AXIOM SL

image(2)

image(1)

細かな部分の アルゴン溶接 仕上げ、素晴らしいの一言。

image(5)

すべての SEVEN フレームにはそれぞれが製作を担当したスタッフのサインが入った証明カードがついてきます。

今回のウェルダーは女性ならではの繊細な溶接を行う、エイアンドエフ一押しスタッフの一人 STEF です。彼女は自身の子供の為にTi 三輪車を製作しておりその完成度の高さに販売しないの?なんて聞いた事もあります。(販売はありません・・・(笑))

image12

各セクションのプロフェッショナルによって仕上げられた SEVEN CYCLES のフレームはきっとあなたの最高の一台に仕上がってきます。 Ti フレームを検討して、もし SEVEN をチョイスする事ができたなら、 ” One  By Yours ” あなただけの一台を造ってもらえる SEVEN の カスタム フレームをお勧めします。

 

スミノマサキ