月別: 2017年1月
311月

本日はニュージーランドはクイーンズタウンより、先週末開催された「Mcgazza Fest」の模様をお届けします。

このイベントは27-29日の3日間にわたり開催され、昨年亡くなってしまったKiwiレジェンドライダーKelly Mcgally選手を偲ぶものであります。

Kelly選手はSDGライダーとしても活躍し、ランページでのバックフリップなどが有名でありますね。

クイーンズタウンにあるバイクパークのメガトレイン、亡くなったFern hill Loopでの記念碑オープンイベント、そして数多くのライダーが参加した

ジャンプジャムなど盛りだくさんでありました!

これはWyn yardフリースタイルパークという場所で開催されたジャム、中でもRMBライダーであるCarson Storch選手は

かなり際立ったライディングをしておりました!

これはCarson選手のカスタムカラーMAIDEN、かなりいかしてます!

これはみんなで走った時の写真ですね。本当にすごい人!

やはり追悼もMTBにライドしてということがNZスタイルです。FOREVER McGAZZA!

301月

今日はSEVEN CYCLESバイクの住分けについて軽くおさらいしてみたいと思います。

ROAD、MTB、シクロクロス、その他色々なジャンルのバイクが存在するSEVENでありますが、

ドロップハンドルが付いたモデルだけでも数種類ありみなさん最初はどれにしたらいいの?!

と迷ってしまわれる方も多いと思います。

そんな今日はスリックタイヤを履くバイクの、大体のキャラクターが記載された表を公開いたします!

英文のままで申し訳ないですが、AxiomからEvergreenまで、特徴やフィットする仕様まで目安になるのではないでしょうか?

よりクイックにレース向けで走りたい方は「622」、少し太めのタイヤを履かせて荒れた道も通りたい!という方には「Evergreen」を。

非常に分かりやすい表になっておりますね!

舗装路での軽快感を求めるのであれば「622」→「Axiom」→「Redsky」→「Evergreen」

逆に荒れた路面での安定感を求めるのであれば逆の順番になります。

この表と、自分の普段のライディングスタイルを考えてどれにするか悩んでくださいね!

もちろん様々なオプションもご用意しておりますよ。

291月

先日本ブログでも公開致しましたが、SHAN N5の写真が各メディアやSNSをにぎわせておりますね!

発売は少し先になるようで、気になる詳細スペックや価格等正式に決まってくることは3月頃になりそうです。

それでまでは色々発信される情報や写真を見て、妄想を膨らませておいてくださいね!

大体の完成像はこのような感じになってくるかと、残り数カ月で最後の仕上げに入るようで、手を抜かないモノづくりの精神は

創業当初から変わらないままであります!

オーナーのダミアンとジョージ、乗ることが本当に大好きな彼らですので、自ら開発に携わり、ライディングし、良いと思った商品しか発売しておりません!

おなじみCGとも非常に仲が良い関係ですので、もちろん彼の意見も取り入れた、素晴らしくゴージャスな一台になっていることでしょう。

DIRTの記事にもなっており、各誌面やメディアからの評価も非常に高いです!

発売が本当に待ち遠しいですね!

 

281月

今日はRMBより、GullyことGeoff Gulevich選手の旅の模様をまとめたムービーを御紹介。

今回はフランスはアルプス地方のトレイルを同じくRMBライダーであるTito Tomasiと共に走りまわっておりますね!

Gullyver’s Travels: Episode One from Rocky Mountain Bicycles on Vimeo.

今まで数々のフリーライドコンペティションを戦ってきたGullyですが、年齢を重ねるにつれて徐々に

山の向こう側を見てみたくなったそうで・・・。

このムービーはそんな欲求をもつアドベンチャー志向のあなたにモチベーションを与えるシリーズとなっています!

もしかしたらそのうち日本も出てくるかもしれないですね!

271月

先日公開された、Danny MacAskill選手の素晴らしいムービー、「Wee Day Out」でありますが、

その同選手のバイクセットアップが公開されております!

あんなすごい動きをするのだから、きっと使っているパーツも凄いはず!

と想像するのですが、至ってみなさんが普通に購入できるものをつかっておりますよ。

もちろんハンドルバーやフレームはサンタクルズ製、5010はしっかりとあの凄いライディングを受け止めてくれます!

もちろんサスペンションのセッティングなどは、アクションがしやすいように特殊にはなっておりますが、

是非真似をしてみたいあなたはご参考に!(笑)

5010はもちろんトレイルでも大活躍いたしますよ~。

 

261月

つい昨日HTブランドで知られるPP社から、衝撃的な新商品発表がありましたね!

その名もSHAN N°5と銘打たれたフルサスペンションフレームです。

公開と同時にビデオもアップされましたのでお楽しみください!

開発までの8ヶ月間をまとめたものだそうでありますね。

スチールフレームでのフルサスペンションバイクは、現在珍しくはなってしまいましたが、

HTフレームで定評のあるPP社ですからきっと開発は上手くいっているはずです。

まだ国内での情報はしばしお待ちを・・・ということになってしまいますが、

なんにしても楽しく乗れるバイクになっていること間違いないです!

ちなみにウェブサイトも新しくなってるんですね。(笑)

取り急ぎ速報でありました!

251月

現在東京ではAF2017FW展示会が大絶賛開催中でございます!

アウトドア商品がメインとなる展示会でありますが、サイクル愛好家の皆様は同様にアウトドアも大好き!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また最近流行の兆しを見せているバイクパッキング等にも使えそうな用品や、

ORを中心としたテクニカル系のウェアーもライディングに是非ご検討くださいね~。

FW2017A&F展示会開催中 2日目も来場者多数、大盛況! #aandfcountry #aandf

A&F Super Bicycleさん(@afbikes)が投稿した写真 –

自転車店主様もアウトドア好きが多いことから結構皆さまご来場されます。

気になるAFアウトドア用品等があれば、自転車店舗でもお取り扱いは可能でありますので、

是非行きつけのショップの店長さんに御相談を!

これから暖かくなるにつれて、ライド欲キャンプ欲物欲も上がってくるはずです!色々妄想しておいてくださいね。(笑)

高橋選手も来場されたようです。

もちろんRMB以外にも、OR商品など使っておりますよ!

241月

スイスの有名なMTB、スキーフィールドの一つ、Gstaadにて世界初となるUCI公認のスノーバイクレースが開催されたようです!

スノーバイクフェスティバルと名を打って開催されたこのレース、XCレースフォーマットでありそうですがかなりの台数が走っておりますね~。

その多くがやはりファットバイクを使っているようで、まさにこれはRMBが発表したニューモデル、「Suzi Q」にもってこいのシチュエーションじゃないですか?!

圧説された雪の上からパウダーのようなセクションまで、かなり楽しそうですね!

これはまさにレーシングファットバイクを使う絶好のタイミング、正直少しどういう用途?と疑問でありましたが、

世界ではこうしたシーンも一つ盛り上がっておりますよ!

今年はやはり流行の最先端を走っているRMB、是非あなたもこれに乗ってスノーライドへ!

231月

イギリスで開催されているCore Bike Showという展示会にて、SDGの2017年モデルカラーが

お披露目されているようです!

なんともアーティスティックなこのデザインは、Andreas Preisというアーティストとのコラボモデルのようで、

新たなSDGの一面が垣間見えるモデルとなっておりますね!

どのラインナップまで登場するのか等、詳細は後ほどお届けできればと思います。

そしてこちらは未来の世界チャンピオンを目指すヤングライダーのための、Fly Jrというモデルでございます。

先日SDGのボスであるタイラーが来日した際にも、このモデルについて熱く語っておりました!

小ぶりでありながらも、しっかりとしたサイドの補強、デザインまで考えられておりますので、ガシガシ練習するキッズ、

また体の大きくない女性ライダー等にもお勧めできるモデルとなっておりますよ!

2017年も世界中でSDG旋風が巻き起こること間違いないですね。

その他色々な情報は、Pink Bikeの記事にもなっておりますので、是非チェックしてみてください!

221月

昨年のワールドカップDHシーンを圧巻した、アーロン・グウィン選手とダニー・ハート選手、

国籍もチームも違いますが、その二人に共通していることとは何なんでしょう?!

そうです、二人とも使用するサドルがSDGであるということ、ワールドカップ総合優勝と世界選手権優勝を合わせて

ダブルチャンピオンに輝いたサドルメーカーなんですよ!

ちなみにVital MTBにおいて、グウィン選手のトレイルバイクチェックが特集されておりますが、

こちらにはサーキットMTNをチョイスしているみたいですね。

しっかりとサイドが補強されていながらも、ぺダリングしやすい薄型の設計でトレイルライドには最適です!

ちなみにDHはしっかりI-BEAMの新型I-FLY 2.0を使用しておりますよ!

グウィン、ハートに限らず、世界中のトップ選手が愛用するSDGサドル、あなたも是非ここから真似してみてくださいね。