月別: 2017年4月
304月

みなさん週末のワールドカップDH開幕戦のレースは楽しまれたでしょうか?

ご存じの方も多いかと思いますが、決勝途中から降り出した雨でまさかの結果となってしまいましたね~。

サンタクルズシンジケートチームが駆る、プロトタイプのV10 29erの初勝利か?!との話題でありましたが、

さすがにハードに降った雨と風では難しく、それぞれ怪我が無くてよかったですね。

ただ予選で1位を獲得した、ロリス選手のタイムは週末を通して最速となりました。

これは明らかに29インチの戦闘力を物語っていることは間違いないですね!

グレッグ、ルカ両選手とも次戦の舞台イギリスはフォートウィリアムはかなりの得意コース、これはもう間違いないような気がします。

国内でもついに富士見パノラマ等のフィールドを中心にグリーンシーズンがオープンしております。

いよいよ来ましたねDHシーズン、皆様怪我無く楽しみましょう!

294月

今週末フランスにて開催されているUCIワールドカップ開幕戦ルルド大会の予選が行われました。

開幕戦ということもあり、各選手のオフシーズンの成果が始めてタイムとしてあらわれてくるタイミングでありますね。

そしてサンタクルズは先日もご紹介した29インチ化したV10を駆り、どのような結果になるのか気になるところ。

ではありましたが、なんとシンジケートチームが1-3-6位とかなりの好成績を納めております!!

これはもう29インチV10の完成度はかなりのものということですね。

Vital RAW – 2017 World Cup Downhill Chaos from Lourdes on Vital MTB

動画でもそのスムースな走りをチェックできますよ!

日本から参戦の九島選手は惜しくも予選不通過であったようですが、次戦に期待ですね。

それでは決勝レースは日曜日の日本時間21時ごろから!誰がその頂点に立つのでしょうか?

楽しみですね~!

284月

ついにここまで大きくなるとは!サンタクルズのV10が29インチのホイールを装着し、ワールドカップサーキットを走るようです。

今回は販売予定は無く、サンタクルズシンジケート使用のみを予定しているそうですが、

すぐにこうして形にしてしまうところがサンタクルズの仕事への本気さを物語っておりますね~。

今回のアイデアは、グレッグ・ミナー選手が昨年EWSをハイタワーで走ったときにその速さにビックリしたそう、

そしてそのまま29インチのV10の製作へと移行したとこのことでありますね。

もちろんただホイールを付け替えただけでは無く、リンケージやリアバックを見直しジオメトリーを最適化、

テストを何度も繰り返し、レースに臨めるスペックへと進化させたんですね~。

グレッグ以外のメンバーもレースにて使用予定、新加入のロリス・ヴェジエ選手も地元の走りなれたコースにてテスト、そして何度も良いタイムがでたそうですよ!

新加入のメンバー、そして新しいバイク、新しいシーズンを迎えたサンタクルズシンジケートチームはきっと表彰台の頂点に立っていることでしょう!

274月

ついに発表のタイミングとなりました、新型アルチチュード!ここのところ色々なメディアで噂されておりましたが、

公式のローンチとなりましたね~!

そのバイクの用途は「アグレッシブトレイル」まさにRMBのあるカナダのトレールに最高のスぺックとなっておりますね。

リアストローク150mm、フロントサスペンションは160mmストロークの設計となっております。

ホイールサイズは27.5″で継続となっており、148mmブースト規格が採用です!

カーボンとアルミ素材の二つを用意し、カーボンのフレームセットも販売予定となっております。

ジオメトリーも最近のトレンドである、低く、長くなっておりより安定性が増しているんですね~。

15mmのストローク差があるスレイヤーとの違いもしっかりとこちらの記事で説明されておりますね!

より取り回しやすく、ペダルフレンドリーであるそうです。

ちなみに最近のRMBはモデルの呼び方を変えており、今後は今までのMSL790といった呼び方から、カーボン90といった風になるそうです!

色々とアップデートされ勢いを増すRMB!実物を見るのが楽しみですね!

264月

特派員アメリカツアー最終日はカリフォルニア州コロナに位置する、Troy Lee Designsの本社へ訪問してまいりました!

駐車場からスタイルの出ているクルマがたくさん止まっていて、それだけでもワクワクしますね・・・!

オフィス兼ショップになっており、店内はTLDのほぼ全ラインナップを見ることができます。

サイクル、モト、カジュアルと、最新モデルをチェックできますよ~。

最新D3から、新たに追加されたA2ヘルメットまで、見ているだけでもよだれが垂れてきそうです。(笑)

もちろんジャージやパンツも!

店内の奥にはこんな展示も!本当にホイールが大好きな会社です。

こちらはモトクロスラインナップ!エイアンドエフでの取扱は無いですが、もちろんバイクに乗る時もTLDで・・・。

ショーケースの中も見ていると面白いですよ!

土日は休みになってしまいますが、平日の10時~17時であれば入ることが可能です!

訪れた際はぜひそのヒストリーを感じてください。立ち入りは出来ないですが、中では様々なペイントや、あたらしいデザインが生み出されている

オフィスもあります!

雰囲気だけでもゾクゾクしますよ~。

今回でアメリカツアー特集は最後になりますが、やはりMTBが生まれた国、今なお最新トレンドを突っ走っておりました!

254月

アメリカ―ツアー特集シーオッタ―終了後はサンタクルズ本社へ訪問いたしました。

その名の通り、サンタクルズの町にあり、少し外れのファクトリーエリアの中にその本社があります!

一目でわかる会社!(笑)そして入口をはいったところはエントランスホール兼ショールームになっております。

壁にはジョシュの大きい写真が!今日はシーオッタークラシック翌日ということもあり、バイクを持ちだしているので普段とは少し違うそうです。

外から見えるところにももちろん展示、これはアルミモデルの5010ですね。

新型カメレオンとジュリアナのバイクも!

中央スペースには往年のジュリアナバイクが・・・!ここのエリアは定期的に変わっていて、色々とSCBの歴史を説明するスペースとなっております。

今回はジュリアナのヒストリーを紹介しておりました。

そしてなんといってもサンタクルズ本社が凄いところはここ!デモバイクが常に数台用意されていて、その場で借りてあのサンタクルズエリアのトレイルへ

走りに行くことができるんです。各サイズ、モデルが用意されていて、自分に最適なサンタクルズバイクをデモライドすることができるんですよ。

一般のお客さんでも予約が入って無ければ乗ることも可能です。是非訪れた際には乗ってみてくださいね!

そんな最高のおもてなしをされたら欲しくなること間違いないですね~。

この裏にはアッセンブリ―等を行うファクトリーがあるのですが、写真は禁止だそうでお見せできず申し訳ないです。

がしかし!かなり凄い中身であることは間違いないですよ。(笑)

他にはオフィスなども併設されており、ここから全てのサンタクルズが出荷され、ハンドリングされております。

見た目や乗り味だけでなく、その会社のスタイルまでファンを作ってしまうサンタクルズには脱帽でございます!

244月

DAY4をもちましてシーオッタ―クラシックも終了となります!

本日はブース出展のみんなは一段落、会場にはゆっくりとした空気が流れておりました。

早いところでは昼過ぎにはビールタイムとさすがアメリカといった感じでありますね。(笑)

マウンテンバイクではサンタクルズに乗るダニー・マカスキル選手がショーをやっていたりもしておりました。神業!

東京シクロに来日していた、SDGのカスタムサドルを使用するイカ自転車こと「Squid Bike」のバイク、もちろんSDGサドルがついてます。

こちらはクリスキングのコンポーネントがバッチリ付いたシクロクロスバイク!今年はシクロ車の展示も少し昨年と比べて増えたような気が・・・。

なんにしてもみんなシクロ車はカラフルですね~。

我らがCGのバイク、サンタクルズはもちろん、コックピット周りはPPで固められております。

そしてフレームには話題のR.A.D.フレームアーマーが!かなり出来が良さそうですよ!

レースも最終日ということで、こちらも目玉イベントの一つシーオッタ―DHが開催されました!

プロクラスはさすがアメリカンという格好をしたライダーもたくさん、そしてサンタクルズが多いこと。(笑)

世界チャンプのTLD&SDGライダー、アーロン・グウィン選手なんかも参加して多盛り上がりでありました!

こうして無事に全日程を終えたシーオッタ―クラシック、やはりここにくるとMTBの盛り上がりを感じます。

E-BIKEのブースなんかも増えておりますが、引き続きやはり一番人気はMTB!こうした誰もが楽しめるイベントは大事でありますね。

今回でシーオッターレポートは終了になりますがエイアンドエフバイシクルの公式FBとインスタグラムにもその模様をアップしておりますので、

是非チェックしてみてくださいね!

234月

シーオッタ―DAY3はライダー、観客共に大賑わい!多分開催期間中で最も賑わう日であったのではないかと思います。

レースイベントでは目玉競技の一つ、デュアルスラロームが開催され、サンタクルズ&TLDライダーであるミッチ・ロペラト選手が見事に優勝!

かなりキレキレの走りでありました。

5010を駆って、TLDキットがバッチリ決まりまくっております・・・。(笑)

サンタクルズブースでは地元ということもあり、昨年同様かなりガッツリとした展示をしておりました!

写真はマーク・スコット選手のハイタワー、カスタムカラーがかなりビビッドですね~。

新型となったカメレオンも展示されております。こちらは27.5+仕様、こちらは誰かのカスタムバイクですが、仕様を是非ご参考に!

今回は5010を駆るライダーが多かったように感じます。ダニー・マカスキルのようなスタントライディングから、里山をまったりはしることまで何でもいけちゃいます!

ジュリアナバイクももちろん展示!こちらではレディースライダー率も非常に高く、各メーカー本気使用のバイクを取り揃えておりますよ。

いつもここのブースは常に人でたくさん、あの有名ライダーに会うことも簡単にできるかも?!

224月

シーオッタ―クラシックDAY2も晴天の中、人も大賑わいとなりました!

このイベントはレースに参加する人が大勢で、その合間にブースを回ったりデモライドしたりと

それはもう勢いで買っちゃおうかな―!となってしまうはずですね。(笑)

弊社取扱のTLDブースも、2017ラインを中心に展示、先日発表されたあのハンドルなんかも早速出ておりましたよ!

TLDは色々なブランドとコラボしたものがあります。それはもう使ってたら着なきゃダメですね~。(笑)

ヘルメットラインナップ!

今年のセットアップはどれにしますか?!

話題のあのハンドルも!きっちり合うセットアップが用意されておりますよ。

カーボンから。

アルミまで!

こんなところまでロゴが!

TLDは本当にみんなレース大好きで、社長みずから本日はE-BIKEレースに出場しておりました。

ブースには世界チャンプからレジェンドライダーまでが集う凄い華やかさ、さすが世界一スタイルをもったブランドですね!

214月

本日よりアメリカはモントレーにて開催されているシーオッタークラシックに特派員が突撃しております。

会場にはSCB、TLD、SDGとエイアンドエフ取扱のブランドも出展して賑わってますよ!

ハイライト的な感じになりますが、会場の様子をお伝えしていきたいと思います。

会場は昨年同様多くのブランドで賑わっております。ここに来ると本当にMTBのブランド多いなって感じますね。(笑)

弊社取扱シートメーカーSDGも出展しております!こちらでは全てのラインナップを見ることができ、常にブース内は人で賑わっておりますよ~。
本当にカラー、モデル豊富ですね。DHからロード、キッズまで全てのジャンルをカバーします!

カスタムサドルのサンプルもたくさん、机の上には関係なものも載ってますが・・・。(笑)

TLDブースも、もちろんあります!トロイ・リー自らレースに参加したり、本当に社員一同楽しんでます。

今回RMBのブース出展は無いですが、各方面で車両が展示されており、その存在感をアピールしております!

日曜日までエキスポだけでなく様々なイベントがあるシーオッタ―クラシック、少しずつレポートしていきたいと思います。