月別: 2017年9月
309月

今週末にイタリアにて開催されるEWS、RMBチームからはジェシー選手が怪我により欠場となってしまいましたが、
まだまだポディウムを狙えるライダ―はたくさんおります!

今日はそんな二人のバイクを御紹介、レミ選手が駆るアルチチュードとフローリアン選手の駆るスレイヤーでございます。

まずはレミ選手のアルチチュード。

Remi is all set for Finale Ligure @world_enduro! @remigauvinmtb is 5’10” (177cm) & 176lbs (80kg), so check out his complete bike check below. @rockymountainbicycles Altitude, size L, Ride-9 in Position 3 @fox 36 EVOL 170mm fork w/Fit damper 77psi, rebound 11, HSC 23, LSC 7, 2.5 vol. spacers. @fox X2 shock 185psi, HSR 12, LSR 15, HSC 18, LSC 11. @rideshimano XTR mechanical drivetrain with 11-46T cassette, 170mm cranks w/36T ring & @stagescycling Powermeter. @oneupcomponents Bash Guide. @rideshimano Saint brakes, 203mm FR 180mm RR @rideshimano XTR pedals. @stansnotubes Arch 32h rims on Neo Ultimate hubs. @maxxistires Minion DHF 24psi FR, 27psi RR and @cushcore Fr and Rr @raceface604 SixC 35 bar, 35mm rise 755mm w/ Turbine R 40mm stem & Sniper grips. @oneupcomponents EDC Tool @fox Transfer 150mm post. @wildernesstrailbikes Silverado Ti seat. @kedgebike Garmin mount Photo: @davetrumporephoto #rallyteam #lovetheride #EWS #enduro

Rocky Mountain Bicyclesさん(@rockymountainbicycles)がシェアした投稿 –

写真だけでなくスペック詳細まで、これはかなり参考になりますね!
身長的にはMとLの境目位であるレミ選手でありますが、安定性を重視してLサイズをチョイス、前後エアサスペンションでのライドになります!
セッティングの記載もあるので試してみるのもよいかもしれません。

@flyingflo21 and his Slayer are ready for the final @world_enduro stop of the season in Finale Ligure. Flo is 183cm tall and weighs in at 72kg. Here’s how his bike is setup this weekend: Rocky Mountain Bicycles Slayer, size L, Ride-4 in Position 1 @fox 36 EVOL 170mm fork w/FIT damper 95psi, HSC 20, LSC 23, 2 vol. spacers @fox X2 Coil shock 450lb, HSR 20, LSR 20, HSC 23, LSC 23 @shimano XTR mechanical drivetrain with 11-46T cassette, 175mm cranks w/34T ring @oneupcomponents Bash Guide @rideshimano Saint brakes, 203mm FR and RR @rideshimano XTR pedals @stansnotubes Bravo rims on Neo Ultimate hubs @maxxistires Highroller 2 Super Tacky 25psi FR, Minion DHRII 3C 27psi RR with Huck Norris @raceface604 Atlas bar, 20mm rise 760mm w/ Turbine R 40mm stem @oneupcomponents EDC Tool @fox Transfer 150mm post @wildernesstrailbikes Silverado Ti seat Photo: @davetrumporephoto #rallyteam #lovetheride #EWS #enduro

Rocky Mountain Bicyclesさん(@rockymountainbicycles)がシェアした投稿 –

こちらはフローリアン選手のスレイヤー、183cmと長身のフローリアン選手、このぐらいだとXLに乗る選手もいるのですが、サイズはLをチョイスしておりますね。
体重の割にサスペンションは固めの設定のようで、こうしたところからも選手の好みが分かれて面白いところであります。

そしてリアサスペンションはコイルをチョイス!ブレーキも前後203mmローターと、かなり下りを意識したスペックになっておりますね。

速い選手はそのテクニックやフィジカルだけでなく、こうしたバイクチョイス、パーツスペックもかなり参考になるんです。
良いバイクに乗ることは、上達への近道でもあり、MTBライドを楽しくさせる要素の一つでありますよ!

299月

世界中の秘境をRMBにライドして旅するライダー、Tito・Tomasiが、この度ついにRMBの本拠地であるカナダはブリティッシュコロンビアのトレールを
3週間に渡りトリップしたそうです!

その模様がムービーとしてまとめられておりますので、これはマストチェックでございますよ!

ノースバンクーバーにあるRMBオフィスに立ち寄ってからスタートしたこのトリップ、フレッシュなアルチチュードと共にケロワナから旅が始まります。

友人と共に2人でキャンプしながら、各地の最高のトレールを走り、様々な景色に出会い、そして一日が終わっていく。きっと最高の日々であったことは間違いありません!徐々に南下し、各地で地元を良く知る名ライダーとライドしながらウィスラ―、スコーミッシュと空港に近づいて行き、最後は出発の地であったノースバンクーバーでレジェンドであるウェイド・シモンズとライドしそのトリップを終えました。

格好はこんな感じだったそうですね。あなたもハンドルに寝袋を装着してあなたもアルチチュードと共に旅に出てみませんか?

 

289月

PPから新たに登場したSHAN N5、その乗りやすさは各方面で絶賛されておりますが、やはりPPといえば車のレースシーンよりインスパイアされたフレームカラーが特徴的であります!

今回はちらほらとSNS等にも登場しているこのカラー、またまたゴージャスなバイクが組めそうなブラック×ゴールドのマッチングになってます。

なんともグラマラス!完成車のイメージもありますが、サドルも弊社取扱のSDGのものとマッチングすることが出来るんです。

サスペンションのカシマコートカラーと色を合わせるなんて、これまた目の付けどころがPPらしいですね。

そしてもう一台はおなじみSHAN 275、こちらはロングセラーであり、ベストセラーのPPを代表するフレームです。

今年のカラーはクレーマーというもちろん車のレーシングシーンからのもの!フレームも素材から一新され、ボトルケージが付属するなど細かなアップデートを遂げております。日々進化して、更に万能性がアップしているんですね~。

詳細情報はPPお取り扱い販売店様まで、きっと素敵なバイクビルドを提案してくれるはずでございます。

279月

8月に開催されていたクランクワークス、その10日間は激アツなものであったことに間違いはないのですが、
一方でひっそりとかなり楽しそうな企画がRMBよりプレゼントされていたんです・・・!

開催期間中、RMBでは毎朝ソーシャルライドと銘打って、2時間程開催地ウィスラ―のトレールを走る楽しいライドを催しておりました。
もちろん自走で行ける距離のウィスラ―トレール、楽しいことは間違いないのですが、ある日の朝に参加者へかなり嬉しいサプライズが用意されていたのです!

そうなんとヘリバイキング!その名の通り、ヘリコプターに自転車を積んで山頂までひとっ飛び、そこからライドして下るというなんともぜいたくな楽しみ方です。

普段自走ではなかなか行けないトレールや、景色などを楽しむことが出来るので近年各国で注目されておりますね。

アテンド役には何とも豪華なアンドレアス・へスラ―とウェイド・シモンズという布陣、これは楽しいこと間違いないです!

ペンバートンというウィスラ―から隣町(といっても50km位)のトレールで開催されたようで、確かにヘリならひとっ飛びですね・・・。(笑)

こんな景色を知っているのもRMBクルーならでは!楽しめるのもRMバイクスだからこそ!
最高のトレールで設計されているバイクは最高の笑顔を与えてくれますよ。

記事全文はこちらから。

269月

今週末はイタリアはフィナーレリグレにて、EWS最終戦が開催されます。その激アツの長いシーズンに幕を閉じる場は今年もその名通り、EWS Finale大会であり、DH&XCライダーもオフシーズンとありちらほらとビッグネームが参加して賑わいます!

しかし今回残念なニュースが開催前に飛び込んでまいりました・・・。

RMBチームのエースライダーであり、前回ウィスラ―大会の覇者、ジェシー・メラメド選手が直前練習で怪我を負ったとのこと・・・。

しかもなかなか軽くない怪我の様で、痛々しい姿でありますね。

RMBチームにとってもかなり痛手のニュースでありますが、ジェシー選手の穴をきっとチームメンバーが埋めてくれることでしょう!

最終戦は誰が勝つのか、みなさんRMBライダーズを応援よろしくお願いします。

259月

本日でインターバイク2017のトピックスは最後になりますでしょうか。会場の色々な写真をまたランダムに御紹介したいと思います!

会場内にSDGブースは出展が無かったのですが、装着されているバイクは数多く見ることができました。こちらはSQUID BIKEのもの。

もちろん世界チャンピオンのバイクにも。

会場無いは各国のエリアごとにブースが分けられている区間もあり、ここは中国からやってきたメーカーが集合しているブース郡になります。
色々なプロダクツがありますね。

もちろんJAPANブースも!

一瞬3輪車かと思いそうです。

栄養補給のための、エナジーバーやこうしたスナックメーカーもブースを出しており、基本的に試食が可能となっております。

チューブレスシーラントメーカーが凄く多かったイメージですね。

ということはやはりタイヤメーカーも、かなり多くのラインナップをどこのメーカーも取りそろえております。

目がチカチカしそうなロードバイク。

こんなのを車で引っ張って旅してみたいですね!男の夢です。

重量は聞かないことにしておきました!(笑)

まだまだほんの一部になりますが、インターバイクってこんなところなんです。
ラスベガスでの開催は今年が最後になってしまいますが、来年からは同ネバダ州リノに会場を移します!

どんなショーになるのか、今から楽しみですね。

同時にエイアンドエフFBページもチェックしておいてくださいね~!

249月

ブリティッシュコロンビアはサンシャインコーストにあるバイクパーク、「COAST GRAVITY PARK」にて開催されたスロープスタイルイベント
「Backwoods JAM」の動画になります。

TLDライダーであるローガン・ピート選手が中心となり毎年開催されているこのイベント、コンテストでは無いながらも世界中から有名なライダーが集結しかなり豪華なイベントになっているんです。

クランクワークスで優勝した同TLDライダー、ブランドン・セメナック選手も地元であるので当然参加、そのスタイリッシュなライディングをいかんなく発揮しておりますね。

オシャレな音楽、フィルミングでありながら映像の内容は凄いことをやってのけております。(笑)

国内でも先日ご紹介したYBPゲームスが来る9月30日に開催されますので、是非こんな姿を生で見たい方は会場に駆けつけてみてくださいね!

239月

Interbikeのショー自体は3日間にかけて開催されるのですが、私特派員は21日までの滞在となりましたので、2日目が最終日であります。

エイアンドエフブランドでは、バイクメーカー、パーツメーカーの出展は無かったのですが、ボトルメーカーでおなじみKlean Kanteenと永久保証ソックスでおなじみのDTVが会場にはブースをもっておりましたね!

こちらはKanteenブース、一コマの小さいスペースながら、数多くのボトルが並べられ雰囲気は賑やか!

ブースもたくさんの人が訪れてスタッフの皆も賑わってるよ~!と言っておりました。

色々なブランド、お店とのコラボがありますね!国内でもたくさんのショップさんやブランドがコラボしておりますので、是非探してみてください。

DTVブースもカッコよく展示されておりました!耐久性抜群でありながらも永久保証という今までに例を見ないソックスメーカー、
ハイキング用からバイク用までなんでも揃っております!

これはほんの一握りであります。どのカラー、モデルにするのか悩んでしまいますね~。

ショーの会場には、バイクメーカーやパーツメーカー以外にも、色々なブランドが出展しているんです。
あ!みたかったあのブランド!なんて発見もあるかもしれないですね。

次回は会場の模様をランダムにお伝えしたいと思います!

229月

先日御紹介した、9月30日に山梨県は北杜市にあるダートバイクフィールドYBPで開催されるイベント「YBP GAMES」

その大会はBMXレースとダートジャンプの2種目が開催され、まさにオフロードダートバイクを楽しむ一日となること間違いないのですが、
なんと今年はダートジャンプ競技に海外からあの有名選手達が参加するとのこと!

レッドブルライダーのマイク・ハッカー選手を始め、今現在で4人のワールドクラスライダーが参加決定しているとのことで、
これだけでも観に行く価値ありまくりでございます!

それを迎え撃つ日本人ライダー達もまた豪華、国内初のレッドブルBMXフリースタイルアスリートである中村リム選手を始めとしたトップクラスのライダーが勢ぞろいでございます。

ちなみにリム選手のフルフェイスヘルメットはTLDのD3であることしってました?!このあたりにも注目してくださいね~。

レースにはGAN TRIGGERから、吉村選手、島田選手が参加!こちらも盛り上がること間違いありません。

大会オーガナイズ、コース管理と大忙しであるであろう栗瀬選手にも大きな感謝を送らなくてはいけません。

ダートジャンプにもモチロン出場いたしますので、そのシーンを引っ張り続けるライディングにも注目です!

チケット購入はまだ間に合いますので、是非こちらから。当日が待ちきれないですね!

219月

20日よりコンベンションセンターへ会場を移し、いよいよInter bike 2017が開催されます。会場となるマンダレイ・ベイはこんなところであります!

デッカイキンピカのホテルなんですね。中にはカジノやらショッピングセンター等もありますが、その中の大きなホールを貸し切りInter bikeは開催されてます。

会場入り口でございます!ホールの外にもブースが展示されており、それらは大体イベント関係であったり、基金のものであったり。

やはりこちらでも話題はE-BIKEのようで、半分以上の出展社がE-BIKE関連でないかというほど。

こちらはイノベーションアワードだそうです。

ツーリングバイクにも!フレームはもちろん専用設計になるんですね。

もちろんMTBの展示だってございます。こちらはコンポーネントメーカーに展示されていた、
先日クランクワークスを優勝したTLDライダーのブランドン・セメナック選手のバイクでございます。

その他にもツーリングバイク、BMX等も展示されております!

ブース出展は無いのですが、SDGサドルを装着したバイクを数多く展示車両としてみることができました!
カラーマッチングはやはり最高であります。

TLDのキットでバチッとGo proブースでキメるマネキンも!

夜には少し離れた会場で、毎年恒例となっているシクロクロスイベント「Cross Vegas」を観戦に行ってまいりました!

サッカーコートに作られた特設コースで、選手たちが凄い速さで駆け抜けていきます。

夜の10時過ぎまで自転車イベントで大盛り上がりできるシクロクロスもまた面白いですね!

ランダム写真はエイアンドエフFBページにも更にアップしておりますので、そちらも是非チェックしてみてください。

残すところ後1日の滞在でありますが、次回更新もお楽しみに~。