月別: 2018年6月
276月

サッカーのワールドカップが開催されている今日この頃、日本の活躍で寝不足の皆様も多いかと思います。

マウンテンバイクでも先週末までクランクワークスがヨーロッパにて開催され、大いに盛り上がってましたね!

そして少しお休みしていた世界最高のエンデューロシリーズであるEWSが今週末オーストリアにて再開となりますよ。

あまり聞きなれない場所でありますが、写真を見るだけでもかなり変わった雰囲気の会場となっていそうです!

もちろんRMBファクトリーチームも参戦し、エースのジェシー選手は残念ながらケガでの欠場となりますが、レミ選手、そして長らくケガの影響で欠場しておりましたALN選手(名前がすごい長いんです。笑)も今大会から復帰ということで男女のカテゴリーで期待がもてますね。

レミ選手もランキングトップ20位以内に位置しているので、まだまだこれから上位を狙えるはずであります!

2DAYSの長丁場となりますが、是非応援よろしくお願いします!

大会詳細やライブフィードはこちらからチェックできますよ。インスティンクトに乗り駆け回る選手達は活躍すること間違いありません。

266月

先週まで2週に続いて開催されていたクランクワークス、
先週末はフランスの名だたるスキーリゾート「レジェ」がその激熱の舞台となっておりました!

そのダウンヒルコースはかつて世界選手権も開かれていた伝統のコース、あのスティーブ・ピートが世界一直前で転倒したことを覚えている皆様も多いのではないでしょうか?

今は珍しいスーパーハイスピードコースとなりましたが、やはりトップライダーの巡航速度は見ていても鳥肌モノです!

優勝はD3ヘルメットを着用するトロイ・ブロズナン選手!World Fastest Racersの称号はやはり揺るぎませんね。

最近ではバイクも29インチへと変化し、更にスピード感も増したのではないでしょうか。

残るクランクワークスは最終戦となるウィスラーです、誰がキングそしてクイーンに輝くのか!注目であります!

226月

発売以降かなり好評を頂いているRMB自慢のXCトレールバイク「サンダーボルト」その魅力をもう一度改めてご紹介いたします!

まずそのカテゴリー、前後130mm(BCエディションは140mm)のストロークはペダリングの多いXCトレールはもちろんのこと
ハード過ぎないエンデューロレースや、はたまた仲間との耐久レースまで幅広く対応致します!

27.5インチホイールの設計(26インチ+サイズにも対応します。)はどのライダーにも気持ちよく乗れるようにデザインされ、ちょうど良くあなたのローカルトレールにフィットすること間違いないですよ。

フロントギアは1速のみの設定で、RMBオリジナルの2ボルトクランプチェーンガイドが付属します。
かなりスマートな見た目になりトラブルも最小限に抑えることが出来るんです。

RMBを代表するサスペンションシステムの一つ、「RIDE-9」システムも搭載、
最後の味付けにあなたの好きなサスペンションフィーリングへと調整可能であります。

他のフレーム同様、新しいサスペンションプラットフォームを採用したことでより小さなバンプがスムースに、そして10mmストローク量が増加したことでより懐が広く快適な走り心地を実現しております。

66.4度のヘッドアングルが絶妙な安定感と俊敏性を実現(BCエディションは0.5度寝る方向です。)、
ブースト規格のハブスペースを採用したことで剛性感も抜群となっております。

こちらフレーム販売(BCエディションのみ)もございますので、一からあなたのドリームバイクを組み立てることが可能であります!

パーツのグレードにより数種類用意しておりますので、あなたの予算に合わせて選択が可能となっております。

そしてさらにはアルミモデルもラインナップ!ジオメトリー、システムは引継ぎながら、
フレーム素材がアルミになることでよりコストパフォーマンスが高いモデルです。

販売価格、スペックはこちらのページをご参照くださいませ!

日本のトレールにマッチすること間違い無しと自信を持って言える一台でございます。

 

206月

オンラインストアで販売を開始したSDG商品でありますが、そのラインナップは徐々に追加されておりますよ!

女性用モデルでもある「Allure」も今回追加となっております。中心部に穴が開いているこのモデル、SDGラインナップ中でもロングライドやXCライド、ペダリングをする場面に向いております!カテゴリー上では女性向けとなっておりますが、もちろん男性でも快適な使い心地を約束いたします。

カラーラインナップ等も豊富に取り揃えておりますので、是非チェックしてみてくださいね。

オンラインストアはこちらから!

196月

次第に暑くなり、梅雨も明けてきたらいよいよMTBシーズンも真っ盛りとなりますね。

そんなキックオフにちょうど良いイベントが来月7月8-9日(土-日)、長野県は富士見パノラマリゾートにて開催となります!

なんと今回は事前申請が不要&無料となっております!MTBメーカーだけでなくアウトドアメーカーも出展予定、更には同時開催でハイキングやキャンピングカーイベントも同時開催され、幅広く楽しめるようになっております!

エイアンドエフも出展を予定しており、RMBの試乗や、TLDがお買い得で購入できるチャンスかも?!

イベント詳細はmyXさんホームページへ随時アップ予定とのことです。チェックしてみてくださいね。

それではみなさん会場でお会いしましょう!

166月

現在オーストリアはインスブルックにて開催中の、世界最大MTBグラビティイベントシリーズ「Crank Worx」

その模様はライブ配信で世界中に放送され、毎回楽しみにしている方も多いと思います。

おなじみの実況でその雰囲気が盛り上がっていることは感じることができるけど、もう少し英語の部分を詳しく知りたい!と思っているあなたも多いのではないでしょうか?

今夜の放送は心配ありません、なんとスロープスタイル競技のライブを日本独自のチャンネルでやってしまうのです!

前回のワールドカップダウンヒルに引き続き、スポブルという総合スポーツ情報サイトでライブ配信を行います!

解説にはTLDライダーにして、日本オフロードシーンの先駆者「栗瀬裕太」選手!これはマニアックで詳しい話が聞けること間違いないですね。

配信開始は本日22:30から、土曜日ですので夜更かししてもオッケーですね。楽しみに待ちましょう!

156月

MTBトレールの聖地ともいえるカナダはスコーミッシュ、その中のトレールで開催されたエンデューロレースの中のワンセクションにフューチャーしたクリップがアップされております。

「Gnarliest Enduro Race Section」というタイトルの名の通り、見ているだけでハラハラしてしまうスラブ区間をRMBファクトリーチームのジェシー・メラメド選手が解説しております!

ケガにより現在療養中のジェシー選手が攻略法をレクチャー・・・しているのですが、そんな中を横目にライダーが滑って、弾かれて、時にはひっくり返って?横をすり抜けていきます。

分かっているけど止まれない、ここまでハードなエンデューロコースはあるのでしょうか?!

観客達も思わず目を覆ってしまうけど盛り上がる、これが本場の楽しみ方なのかもしれないですね(笑)

ちなみにこの「Gouranga」というトレールは、公認のトレールなのでありますが、ゆっくり走ってもハラハラしてしまうところレースで使うとやはりみんな頑張ってしまうのですね~。

みなさんもコースを走る際はコントロールのおける範囲で楽しみましょうね!

136月

世界最大のMTBステージレース「BCBR
MTBの聖地カナダはBC州内の最高なトレールを堪能しつくすレースとしてその名は世界に知れ渡っております。

弊社取り扱いRMBも長年にわたりスポンサーを務め、サポートライダー、スタッフ全員でその大会を盛り上げてます!

そんな大会の風景を、違ったライダーが違った目線で臨む姿勢を収録したムービーが公開されました。

まさにRMBでいうところの「ELEMENT」で走るのにふさわしいこのBCBR、動画を見ているだけでもウズウズしてきますね!

今年度の大会はすでにエントリーが締め切られておりますが、2019年へ向けてあなたも是非プランをたててみてはいかがでしょうか?!

30分と少し長くはありますが、是非チェックして妄想を膨らませてくださいね!

 

126月

先週末は2連戦で開催されあUCI ワールドカップダウンヒル、オーストリアはレオガン大会でありました。

2戦連続で優勝となったのはCUSH COREがチームスポンサーをするAmaury Pierron選手!乗れておりますね~。

そして2位には練習時に親指を脱臼していながらも力強い走りを見せたアーロン・グウィン選手、4年連続での勝利とはなりませんでしたが
さすがの強さであります。

インタビューではそのレースの背景が語られておりますね。

アーロン選手の所属するチーム「YT Mob」はサドルブランドSDGもスポンサーするチーム、カスタムサドルもカッコいいですね。

こちらSDGサドルは弊社オンラインストアでもお買い求めできますよ!

TLDライダーであるルカ・ショウ選手は2戦連続の予選1位を獲得しながらも、決勝ではクラッシュ・・・。
きっと3度目の正直となる次戦は頂点に立ってくれることでしょう!

今大会はスポーツブルというサイトでも日本語実況付きでライブ配信されておりましたね。こちら今後も定期的に配信予定とのことで、
分かりやすい解説と面白い実況でレースを楽しめるはずです。

レースシーズンはこれからまだまだ続きます。国内外ともに楽しんでいきましょう!

116月

ポルトガルのマデイラ島で開催された「Trans Madeira 2018」そのトレールは人生の中で一度は行ったほうが良い場所としてあげられております。

今年はスティーブ・ピートやオリー・ウィルキンス、そしてジェローム・クレメンツ達のTLDライダーズも多数参加し
それぞれが活躍しておりました!

路面コンディションも見るからに気持ちよさそう!こちらは練習無のマルチデーレースでありますが、
いきなり走っても最高に気持ちよさそうですね~。

ピートやオリー達は新しく発表されたTLDのエンデューロヘルメット、「STAGE」を被っております。

ことらも非常に調子よさそう、発売が待ち遠しいですね!