月別: 2018年9月
289月

ROCKY MOUNTAIN BICYCLESはかなり早い段階で27.5プラスサイズの企画を取り入れておりました。

最初は「シェルパ」というモデルに始まり、次に初代「パイプライン」、そして2018シーズンにフレームを一新し、
新型「パイプライン」となりました。

フレームデザインを一新し、よりシンプルにメンテナンス性に優れ、剛性を上げアグレッシブなトレールにも対応するようになりました。
前後140mmのストロークを持つフレームは、下りはもちろん登りでも最高のペダリング効率を誇ります。

プラスサイズによって生み出されるトラクション性能の高さは抜群であります!

その走破性はまさにモンスタートラック、ロックセクションからツルツルの根っこセクション、砂浜のようなルーズ路面まで、
走りに自信を与えてくれること間違いなし!フレームは同社「インスティンクト」と共通になっておりますので、
コースや気分によって29インチホイールを装着することも可能です。

RMB自慢のライド9システムも搭載しているので適切なジオメトリーに設定することも簡単です!

フレームオプションもカーボン、アルミと2種類用意しておりますので、ライダーの好みやご予算に合わせて自分に最適な一台を
チョイスできますよ。

実際に私もダウンヒルコースで試してみましたが、その走破性、そして速さに対する快適性は抜群で27.5プラスサイズのメリットを最大限に
活かしているバイクだと実感できました!

エイアンドエフもアルミ30のMサイズを試乗車としてご用意しております。是非そのグリップ感、走破性、安定感を感じてみてくださいね!

エイアンドエフ製品ページでも詳細スペックがチェックできます。あなたはどのパイプラインを選びますか?!

259月

少しずつ山の気配も秋めいてきましたね。秋といえば色々と、読書、食、たくさんあるかと思います。

ただMTB乗りに関してはトレールライドのシーズン!という方が多いのではないでしょうか?
少しづつ暑さも和らぎ、落ち葉の路面も気持ち良い季節になってまいります。

そんな季節にお勧めできるニューカラーがTLDのA1、A2ヘルメットより登場致しました!

A1はホワイト/グレーのカラーがクラシック(MIPS付)のモデルに追加。価格は変わらず18,000円(税別)です!

マットグレー/ピンクのカラーはトレールの中でも映えるはず。

マットグレー/サングリアのカラーもシックでかっこいいですね。

ブラック×フライトグリーンもかなり渋めですね。

A2には落ち着いたカラーが3色追加となっております。価格は23,000円とこちらも変わらず。

各サイズとも数量が限られておりますので、ピンと来たそこのあなた、お近くのTLDディーラーへ急げ!

199月

この景色を一週間前にも見たような気が致しますが、エイアンドエフライダーでありSDGのサドルを使用する永田選手、井本選手が
先週末岐阜県ウイングヒルズスキー場にて開催された公式MTBレースシリーズ
「COUPE DU JAPON」第4戦にて1-2フィニッシュを成し遂げました!

かなりドロドロのマッドコンディション、そしてハードなコース設定の中、予選決勝共に1位を獲得した永田選手、見事であります!

パンクしながらも2位となった井本選手もさすがですね。大会は熱い走りをする選手、それを応援するギャラリーで盛り上がり、レース中はあいにくの天気でありましたが最終的には晴れとなりスッキリとした幕開けでありました。

コースの管理や補修、そして大会運営に携わってくれたスタッフさんには大感謝であります。
少しずつ進化しているウイングヒルズ、今後とも目が離せません!

改めてエイアンドエフライダーズにはお疲れさまと言いたいですね。残りのレースシーズンもあと少し、引き続き応援よろしくお願いします!

119月

先週末に開催された国内エンデューロシリーズ戦、ENS#3苗場大会においてSDGライダーが大活躍致しました!

これで3連勝と圧倒的な強さを誇る永田ジュンヤ選手、そして2位には井本はじめ選手が入賞と堂々の1-2フィニッシュであります!

連日の雨によりドロドロコンディションとなった苗場、パワーを見せつけぶっちぎりでありましたね。

ちなみにどれぐらいドロドロかというと・・・。(笑)

残り2戦となったENS、永田選手の連勝記録は続くのでしょうか?!次戦は10月21日、白馬岩岳での開催となります。

皆さんも是非参加して、その楽しさを感じてくださいね!