タグ: Troy Lee Designs
288月

Troy Lee Designsサポートセミナックが見せたスロープスタイルのスーパーライディングの模様とその内容がTLDよりアップされました!!
いやー凄い。人間模様から大会すべて。感動しました。
以下、TLD本国サイトより

Troy Lee Designのサポートアスリートのセミナックが見せたクランクワークス スロープスタイルのライディングは、大会歴史上最も賞賛されたライディングとなった。

カナダ出身のマウンテンバイク界のスーパースター、ブランドンセミナックはこの大会でその名を歴史に刻みました。セミックはレッドブル主催のジョイライドのクランクワークススロープスタイル大会で過去6度の表彰台、3度目の1位を築き上げその地位を確固たる物にしました。
 
“またこのイベントで優勝できるなんて信じられない。2年連続で優勝できたことよりも、とにかく今年優勝できた事が凄く嬉しいよ。”とセミナックは興奮が納まらずに言います。彼は過去4年間で3度の優勝(2011年、2013年、2014年)を飾った23歳のスーパースターです。
 
セミナックを優勝に導いたライディングは1stランで生まれました。ワンフットのバックフリップで始まり、バックフリップダブルウィップ、完璧な720コークと繋げ最後にステップダウンでまた完璧な720コークを決め、完璧に近いライディングで優勝を決めました。
 
セミナックよりも先に1stランを終えたブレッドリーダーが94.20点を叩き出し、セミナックが1位になれるかどうかは最後まで分かりませんでした。しかし彼のスコアは96.80点と文句無しでブレッドを押さえて1位になりました。
 
“ブレッドのランは本当に凄かった。そのランを自分が越えれたなんて信じられない!”
 
セミナックとリーダーが見せた今日のライディングは、スロープスタイル歴史上最も完璧なライディングだったと多くの人が賞賛を送りました。セミナックはマウンテンバイクの大会で最も高額な賞金250万円を獲得しました。
 
スロープスタイルのダイヤモンドシリーズであるクランクワークススロープスタイルの表彰台は全てカナダのライダーで埋め尽くされました。1stランで暫定3位に着いていたアンソニーメッセレをローガンピートが2ndランで83.80点のパフォーマンスを見せて追い抜き暫定3位となりました。
 
“他のライダーのライディングは気にしないようにしていた。”と語るメッセレ。彼は他のライダーの点数ではなく自身のライディングのみに集中して2ndランに望みました。”1stランを完走できた事が自信に繋がり次に繋がったよ。”
 
メッセレは2ndランで、ダブルトラックドライバーやバックフリップバースピン等を繰り出し僅差でローガンの83.80点を越える84.00点で3位に入賞しました。

過去最高の30,000人の観客が参加した今大会は、間違いなくスロープスタイルの歴史に刻まれるパフォーマンスがなされた大会となりました。参加したライダー達にとっても2014年のコースは彼らのモチベーションと力を最大限に上げる素晴らしいものでした。
”凄いイベントだった。とにかくレベルの高いスロープスタイルだったね。”とセミナックは言います。”各ライダーが本来持っているポテンシャルを最大限に出せるコースも素晴らしかった。”
参加したライダー達はこぞってコースの素晴らしさを誉め称えました。多くは今までで1番良いコースだったと言います。コース全体でいくつものトリックを自由に繰り出せる設計は、それぞれのライダーが独自のスタイルを思う存分に出してライディングできるものとなっていました。
クランクワークス大会が開催されたウィスラーでは1ヶ月以上も雨が降らずに大会開催2日前まで砂埃が舞う最悪のコンディションでした。しかし今大会は天候さえも味方につけ、大会開催2日前に雨が降り当日にはほぼ完璧な湿度でトラクションの掛かり具合も最高のコンディションになりました。
表彰台を飾った3人は、インタビューで
セミナック:   ”カナダが最高だからさ!”
リーダー :   ”世界で1番の国だ。”
メッセレ :   ”その通り。”
マウンテンバイク界ではカナダ選手の勢いが止まりません。
レッドブルジョイライドイベントの中盤でクランクワークスから次回の大会の詳細を発表しました。次回の大会はニュージーランドのロトルアで2015年3月25日から29日で開催されます。これによりクランクワークスのスロープスタイル大会はトリプルクラウンスロープスタイルになります。
ウィスラーで開催されている2014年クランクワークスは明日で最終日を迎えます。最終日にはカナディアンオープンダウンヒルの優勝者と年間優勝者の2名に、キング オブ クランクワークスとクイーン オブ クランクワークスのタイトルが表彰されます。
クランクワークス ウィスラー大会も終わりに近づいています。多くの人にとって今大会を過去最高の大会となったことでしょう。
結果
1位: ブランドン セミナック
2位: ブレット リーダー
3位: アンソニー メッセレ
RMBサポートライダー 高橋DAIKI FREERIDEも今年もカナダに遠征していました。その際の彼のレポートと合わせてTLDのレポートを見るとさらに臨場感が伝わってきます。
ご一読を!!
スミノマサキ